平野日奈子さんの雲型小皿

平野日奈子さんの「雲型小皿」です。 やわらかなラインが、雲の形だと思うと余計に楽しくなりますね。 粉引・コバルト釉の2種類があります。 クッキーが2枚のるくらいの小さなお皿です。

現在、平野日奈子さんの作品は、この他に スープカップ ・ 飯碗 ・ 貝殻ボウル(大) ・ 舟のオブジェ ・ 道草花器をご覧いただけます。 いろいろな形の 「道草花器」に、早く春の野の花を入れてご紹介したいです。

平野日奈子  くも型小皿(小) 10.8cm × 8.3cm × 高さ 1.8cm  ¥1,470-

Category: 陶磁器 | Tag:

セルロイドの鹿のしおり

中川政七商店のセルロイドの鹿のしおりが入荷しました。
「セルロイド」 懐かしい響きの言葉です。 私がうんと幼い頃には、まだセルロイドの石鹸入れなどがあったような記憶がありますが、すでにもうとても古いものだったような気もします。 セルロイドは、綿花とアルコールと樟脳をまぜて作られる天然素材です。 独特の色つやが魅力ですが、プラスチック素材に押され、今ではほとんど見かけなくなりました。 現在、東京都葛飾区に日本で唯一のセルロイド工場があるそうです。 このしおりは、その工場を経て、福井県鯖江市の眼鏡職人さんによってひとつひとつ手作りされたものです。 本が好きな方への贈り物にいかがでしょう。

中川政七商店 セルロイドの栞 (茶)  ¥1,575- ※模様の出方はひとつひとつ異なります。 Sold out

Category: 文房具

百草園では「梅まつり」開催中。

「百草の庭」から歩いて10分ほどのところにある京王百草園は、梅で知られる庭園です。 今年は、梅の開花が例年よりひと月も遅く、ようやく早咲きの梅が咲き始めたところだそうです。 この冬の気温の低さに加えて、雨がとても少なかったことが影響しているようです。 これから少しずつ園内の500 本の梅が花をつけます。 梅の花の素朴な姿には、桜とはまた違った魅力がありますね。 どうぞお店から足を延ばしてみて下さい。
3月18日(日)まで開催されている「梅まつり」期間中の土・日・祝日には、日中、京王線の一部の準特急が百草園駅に臨時停車します。 普段は、隣駅で各駅停車に乗り換えるのですが、新宿から準特急一本で30分かからずに来られるので、とても便利なのです。 ぜひ利用してみて下さい。

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシン刺繍の「小ポチ」 。 この小さなポーチは、余り布で作られているので、大きさはまちまちです。 あめや薬を入れたり、アクセサリーの携帯ケースにもよいと思います。 i Pod を入れるのにぴったりだと選ばれる方もいらっしゃいます。
たんぽぽの横に並んでいる猫さん。 「早く春がこないかニャー」という感じです。

昨日は寒さがゆるみ、ようやく春が近づいたと思ったら、今日はまた小雪が舞うような一日になりました。 まだしばらく寒さは続くようですが、心楽しくなるような暮らしのもの、たくさん並べてお待ちしています。 どうぞお出掛け下さい。

motorinue&Lokhme  小ポチ 「ねこ」 ¥1,470- ・ 「タンポポ」 ¥1,785-

Category: お知らせ, 布・革・羊毛・ニット | Tag:

西山芳浩さんの八角グラス

もうすぐバレンタインデー。 中2と小6の娘二人は、今週末にたくさんのチョコレートクッキーを焼くらしいです。 みんなクラスや部活の仲間の女の子達に贈る「友チョコ」なのだとか。今の中高生達は、こんな感じで女子同士でチョコを交換し合うみたいです。なんだか話を聞いていると男子の影が薄い…。 男子頑張って~と言いたくなります。

さてさて、こちらは本気でプレゼントを探している方にお薦めのもの。 お酒の好きな大人の男性に贈りたい、西山芳浩さんの八角グラスです。 八角形のグラスの底の厚みに存在感があり、心地よい重さの小さなグラスです。ウィスキーなどをストレートでゆっくり飲まれる方に、ぜひ使っていただきたいです。 鋳物の型の中でガラスを吹く「型吹きガラス」の手法で作られたもので、ガラスの肌が桜貝のような模様を描いて、本当にきれいです。

西山芳浩 八角グラス(小) 径 約5cm × 高さ 約8.5cm  ¥2,520-  Sold out

Category: ガラス | Tag:

小澤基晴さんのブロンズ釉のスープ皿

昨秋の道草マーケットで、たくさんの方にお選びいただいた小澤基晴さんの器。 「毎日のように使ってます」と言って下さる方が多く、こんなに嬉しいことはありません。 こうしてまた同じ器を注文することになり、たぶん、他のお店でもそうではないかと思うので、小澤さんはなかなか新作を作る時間がないんじゃないかと余計な心配をしたりしています。

写真のお皿は、径20cmほどのブロンズ釉のスープ皿です。 ポトフにぴったり。 炒飯や煮物の盛り鉢にも。 見飽きることのない温かな色です。 小澤さんの器は、現在、もう少し大きなサイズの「しのぎ盛り鉢」のほか、ブロンズ釉の6寸リム皿・4寸輪花皿(ブロンズ・わら灰)・3段重ね小鉢・粉引5寸皿・そば猪口などをご覧いただけます。 数の少ないものもありますが、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

小澤基晴 ブロンズ釉のスープ皿 径 約20cm× 高さ 約4.5cm ¥3,780-
クロヌマタカトシ 長匙 山桜・オイル仕上げ  ¥2,520-

                             *

今日は、木枯らしが吹き、底冷えのするような一日でした。 こんな寒い中をお出掛けいただけたのは、Tette.さんのおいしいパンのお蔭かなぁと思いました。 ありがとうございました。 完売してしまったものもありますが、明日もお求めいただけます。 今日は行けなかったけど、食べたかった… という方、ぜひ明日、早めにいらして下さいね!

Category: 陶磁器 | Tag:

Tette.さんの2月のパン

明日は第一木曜日、月に一度の「おやつの日」です。 葉山のTette.さんの自家製酵母のおやつパンを販売します。
noriさんにお借りした写真は、12月にも好評だったブラックココアの石ころパン。 真っ黒でまんまる、ほんとに石ころみたい。 でも中身はもっちりしていて、ほろ苦いココアの生地にチョコチップがたっぷり入った、大人のおやつパンです。
私のリクエストにより、抹茶大納言のミニ山食パンも届きます。 これ、大好きなんです! 抹茶を濃い目に練り込んだ生地に、大納言小豆をたっぷりまいた和菓子のようなパンです。 こんがりとトーストして、カロリーのことは忘れて、たっぷりバターをのせて食べるのもおいしいですよ。
2月のメニューは、下記の通りです。

・蜜芋のくるくる
・たっぷりシナモンとくるみのベーグル 
・クランベリーとクリームチーズのマフィン
・ハーブのフォカッチャ (バジルとローズマリー) 
・ブラックココアの石ころパン
・クロワッサン   
・抹茶大納言のミニ山食パン
・クッキー「ほろほろ」 (チョコチップ&ココア味) 

                               *

中川政七商店から、竹のミニスプーン・吉野杉のお箸・セルロイドのしおり・貝ボタンなど、ちょっと嬉しいものがいろいろ入荷しています。 「花ふきん」のお取扱いも始まりました。

Category: おいしいもの

きたのまりこさんの「季節のあくせさり」

きたのまりこさんの「季節のあくせさり」の秋冬の作品から。 「わたつぼみ」は、モクレンの枝先を繊細に写し取った作品です。 ちょうど今頃、ふわふわのコートを着ているようなモクレンのつぼみが見られますね。 少しずつ少しずつつぼみを膨らませて、早春に大きな花を咲かせます。
素材はシルバーですが、ざらっとした質感で、表面が白っぽく見えるのは、銀の「白仕上げ」というものだそうです。 鋳造から仕上げまでの過程でできる白い表情を残したもので、静かな植物の雰囲気にとてもよく合っています。

きたのまりこさんの作品には、それぞれ小さな布袋と桐の箱がついています。 それも、アクセサリーと同じ絵柄の判を押した、とっても可愛らしいものが。 使い手の方へ大切に届けたい、大切に使い続けてほしいという願いが感じられますね。
右側のツリバナのネックレスは「赤い実と葉と」、左側の小さなネックレスは「空を舞う」、それぞれ素敵な名前がついています。 「空を舞う」は、ハナツクバネウツギの実をモチーフにしています。 ハナツクバネウツギは、東京でもあちこちで見かける植物ですね。 きたのさんの作品を見てから、こんなに可愛い実がついているんだっけ… と思って、よく見てみたら、ほんとう、羽つきの羽のような、こんな形の実がついていましたよ。 身近な植物の中にも、きれいな形がたくさんあるんだなと思いました。

きたのまりこ ブローチ 「ワタツボミ」 シルバー 横4.4cm× 縦3.7cm ¥13,650-
         ネックレス 「赤い実と葉と」  シルバー ¥7,140-  Sold out   
         ネックレス 「空を舞う 2」  22金仕上げ ¥7,560- Sold out

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

クロヌマタカトシさんの木の匙

初めてご紹介する、クロヌマタカトシさんの作品です。
神奈川県で制作されるクロヌマさんは、匙やお皿などの生活の道具と、りんごや鳥・動物などのオブジェを作られています。 美しい白鳥の作品を初めて見た時には、感動しました。 用途のあるものとないもの、その両方をいったりきたりすることで、制作のバランスがとれているのだそうです。 旋盤を使わず、すべて手彫りで作品を作られています。 材木から削り出して形を作っていく、その時間が自分には合っているし、今はそれが「いちばん確実な感じがする」と、言葉を選んで話して下さったことが印象的でした。 使うことで味わい深く変化していく、木という素材がとても気に入っているとも。
4月の「道草マーケット・二人展」では、たくさんのクロヌマさんの作品をご覧いただきます。 どうぞ楽しみにお待ち下さい。 今日は、クロヌマさんがこれまでたくさん作られてきた匙をご紹介します。小匙・長匙・レンゲと、お料理を取り分けるときにとても重宝する分匙(わけさじ)の4種類が入荷しています。 中でもお薦めなのが、漆仕上げのレンゲです。

何度も試作して作られた形は、手になじんで持ちやすく、くぼみが浅いので、食べ物を口に運びやすいです。 スプーンと同じように、どんどん使いたくなります。 横から見ると、これだけのカーブがあるんですね。 材料の板から、この形を削り出していくのは、本当に根気のいる仕事だと思います。
それから、ぜひお伝えしたいのは、漆仕上げの匙が、オイル仕上げのものとは異なる、本当にすべらかな口当たりであること。少しぜいたくではありますが、それだけの違いはあるんだなと感じました。
クルミの木のパン皿も届いています。 ぜひ手にとってご覧下さい。

クロヌマ タカトシ  レンゲ 漆仕上げ ¥3,360- Sold out ・ 長匙 山桜 オイル仕上げ ¥2,520- 

Category: 木工

2012年 春の展示会のお知らせ

mitome tsukasa 作品展
2012年3月8日(木)~17日(土)
※12(月)・13(火)はお休みします。 初日の8(木) 三留司さんが在廊されます。

道草マーケット クロヌマタカトシ(木工) ・ さこうゆうこ(ガラス)二人展
2012年4月12日(木)~21日(土) ※16(月)・17(火)はお休みします。

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー) 作品展 
2012年5月3日(木)~12日(土) 期間中の木・金・土曜日

春の展示会の予定をお知らせします。 今年は、4月の道草マーケットに加えて、お店の半分ほどのスペースを使って2つの作品展を開きます。 それぞれの作品の世界を、ぜひゆっくりとご覧いただきたいと思います。 詳細は、また改めてご案内致します。

写真は、一昨年の4月に撮ったものです。 純白の利休梅の花を、さこうゆうこさんの吹きガラスの花入れに生けました。 この「ペラペラ」という名前の花入れは、生け口が薄く作られているので、花の据わりがよく、とても使いやすいんです。 見る角度によって印象がずいぶん違います。 正面から見るとポケットの形の水槽のよう。 横から見るとガラスがふくらんでいてコロンとした形。 水を入れると、水面の丸い形と生け口の細長い形との対比にハッとさせられます。 水を入れた時に、パッと輝くように感じる、さこうさんらしい作品だと思います。

庭の利休梅(リキュウバイ)の花を、ちょうど道草マーケットが始まる頃にご覧いただけるかもしれません。 それとも、もう少し早く咲いてしまうかな..。 お店の庭は、色とりどりの花が咲くような庭ではありませんが、それでも3月から5月にかけては、庭のどこかで花が咲いている嬉しい季節です。
寒い日が続き、春が待ち遠しいですね。

さこうゆうこ 花入れ「ペラペラ」 幅 約8.5cm × 高さ 約9cm  ¥2,625-

Category: お知らせ, ガラス | Tag: , ,

motorinue&Lokhmeさんのミシン刺繍のカードケース

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシンワークの小物達は、現在、カードケース・ペンケース・平ポーチ・小ポチ・ティッシュケース・ヘアゴムなど30点ほどを展示中です。 ご紹介のたびに書いているのですが、この細かなレースの柄も、全て直線縫いのミシンで、くるくると布を動かして刺繍されたものなんです。 初めてご覧になる方は、皆さんびっくりされるんですよ。
カードケースは、開くと上下にポケットがついています。 板チョコの柄のものは、赤のストライプの生地と上下半分で切り替わっていたりと、それぞれとても丁寧に作られています。 motorinue&Lokhmeさんの作品は、可愛いだけでなく、どこかユーモラス。 モチーフの選び方も、さんま、だるま、カメ、伊勢えびなどのちょっと面白いものがあるのも魅力です。 小中学生にも人気です!

今日もまだ東側の庭には雪が残っています。 こうして雪をかぶって湿度が保たれる時間が、春を待つ植物にはとても大切なのだと聞いたことがあります。 長く雨が降らず乾燥していましたが、先週の雨と昨日の雪で土は潤いを取り戻し、木々は、新芽をつけた枝先までたっぶりと水を吸い上げているのでしょう。
今週も木・金・土曜日の3日間、ご来店をお待ちしています。 今月は小さなSALEをしていますよ。
それから、初めてご紹介するクロヌマタカトシさんの木彫りの匙やお皿が入荷しました。 今年になってから、新しくお取扱いの始まった作家さんの納品が続いています。 ぜひ見にいらして下さい。

motorinue&Lokhme カードケース ¥1,890- ~ ¥1,995-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag: