倉敷意匠計画室の白磁のテープカッター

百草の庭は、なに屋さんかと問われれば「雑貨屋」と答えています。お店に並ぶものの多くは、丁寧な手仕事で作られた作品で、「雑」という文字とはおよそ遠いもの達なので、なにかもっとぴったりな言い方はないものかなと思うのですが、封筒作りの木の型があったり、竹のざるやふきんがあったりして、クラフトショップというよりは、やはり雑貨屋と言ったほうがいいのかもしれません。

この倉敷意匠計画室のテープカッターも定番の文房具のひとつです。 少し青みがかった白磁で、すっきりと清潔感がありますね。 お店でも、セロテープ用とマスキングテープ用の大小揃えて使っています。 この小型のカッターを使うようになってから、マスキングテープを以前よりずっと活用するようになりました。 そばにいつもテープ数本を入れたかごを置いています。 いちいち掛け替えずに、ちょこっと刃に当ててカットすることも多いです。
同じ白磁の切手濡らしもぜひ! 詳しくはこちらをご覧ください。→

庭だよりでご紹介していないものもまだたくさん。 時々店内を見回して、いろんなものがあるなぁと思います。 私が暮らしの中にあったら楽しいなと思うものばかりなのです。

倉敷意匠計画室 白磁のテープカッター(大)¥3,360- ・ (小)¥2,310-  ※小サイズは、小型のセロテープにも対応します。

Category: 文房具 | Tag:

Tette.の天然酵母パンと焼き菓子

月に一度、第一木曜日には、手作りのおやつが月替わりで入荷します。
来月の2月3日(木)には、Tette.のおやつパンと焼き菓子を販売します。

Tette.(テッテ)さんは、神奈川県・葉山にあるパン工房です。できる限り国産の安全な食材を使って、丁寧な手作りの自家製酵母パンと無添加のおやつを作られています。
もうひとつの私の好きなパン屋さんとのつながりから出会いました。お二人がパン交換をする様子に魅かれて、思い切ってパンをお取り寄せしたのが始まりです。時折の楽しみに取り寄せる Tette.さんのパンは、箱の中に大事に並べられて届き、心を込めて作られたものの温かみ、おいしいものの持つ力をいつも感じます。

ちょうどでき上がったばかりの新しい工房で、百草の庭のためにたくさんのパンを焼いてくれることになりました。 近々、工房でのパンの販売も始まるそうです。お近くの方には、嬉しいニュースですね!

初めて食べた時にとても印象的だった「くるみのメイプルキャラメル」をリクエストしました。ふわふわの白いパンに、メイプルシューガーでキャラメリゼしたくるみがボリュームいっぱいにサンドしてあるのです。くるみ好きの方は、ぜひお試し下さい。たっぷりのくるみがたまらないと思います。
大好きなベーグルもお願いしました。山ぶどうとくるみ入りです。私がくるみ好きなんですね?

2/3(木)のメニューは下記の通りです。

・ふんわりあんぱん
・メロンパン
・くるみのメイプルキャラメル
・国産きな粉と小豆のスコーン  
・チェダーチーズと黒胡椒のスコーン
・山ぶどうとくるみのベーグル 
・森のカンパーニュ
・オーガニックチョコと柚子ピールのパウンドケーキ
・抹茶と大納言のパウンドケーキ 
・オートミールのクッキー・ざくざく 
・スノーボールクッキー・ほろほろ

やっぱりお食事パンもご紹介したくて、三種のドライフルーツとナッツが練りこまれた森のカンパーニュも販売します。 どれにしようかなぁと、お客様に選んでもらうのが嬉しいからと、思っていたよりずっとたくさんの種類のパンとお菓子を届けてくれることになりました。どうぞお楽しみに。

※お写真は、Tette.さんからお借りしました。
 ブログ→ にはいろいろなパンが紹介されています。Tette.さんのパンは、とってもきれいだなぁと思います。

Category: おいしいもの | Tag:

さこうゆうこさんのガラスドーム

さこうゆうこさんの吹きガラスのガラスドームです。
こちらは直径10cmほどのいちばん小さなサイズのもの。チョコレートやプチガトーをのせたお皿にかぶせて、優雅にティータイムを待つのもよいですが、テーブルの上や棚の上で、ぜひいろいろなものにかぶせてみて下さい。
mitome tuukasaさんの真鍮のブローチ「flying bird」を木の実と一緒に入れてみました。アクセサリー、小さなオブジェ、木の実や貝殻、ドライフラワーなど、ガラスの中に閉じ込めてみると、小さな世界ができて、少し違った表情に見えます。
ドームの持ち手のガラスは、まるでたった今、固まったばかりのような印象を受けます。こんなところに、さこうさんの個性が感じられます。

さこうゆうこ  ガラスドーム (SSサイズ・Ф90~100㎜)  ¥3.150-
mitome tsukasa  鋳金の真鍮ブローチ「flying bird」  ¥6,300-
※メールでのご注文も承ります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

Category: ガラス, 金属・アクセサリー | Tag: ,

あらいみえこさんの木彫りの雛人形

あらいみえこさんのシナの木の雛人形「さくらの花雛」です。手のひらに収まるくらいの桜の花びらの台の上に、お内裏様とお雛様が寄り添ってひとつになって載っています。

松本在住のあらいみえこさんは、木工の仕事を始めて39年、人形を作るようになって20年が経つそうです。「あわただしく毎日が過ぎてゆく日々の暮らしの中で、かたくなってしまいがちな心が、ひと時でもホッとやわらかくなる、そんなモノたちを作りつづけたい」そう語られる通り、見る人の気持ちが和らぐような人形を作られます。

私は、義母が住む松本を毎年訪れるのですが、近くの安曇野などには「道祖神」と呼ばれる石像が点在しています。この雛人形を見た時に、すぐにその道祖神を思い浮かべました。あらいさんにお訊きしてみると、特に道祖神を意識したわけではなくて、もともとは椿の花びらの中の花芯をイメージして作られたのだそうです。でも、ずっと松本に住んでいるから、知らず知らず道祖神の形になっていたのかもしれないと話されていました。

こちらは「つぼみ雛」という名のお雛様。高さが3.5cmほどの小さなもので、淡い色の蕾そのもののような初々しさです。おくるみの中の生まれたばかりの赤ちゃんのようにも見えますね。

女の子のご出産祝いにもお薦めです。立派なお雛様を飾る場所はなくても、こんな小さなお雛様なら、どこかに飾っていただけるかもしれません。今、生まれたばかりの女の子が、大きく成長されても、毎年、毎年、飾ってあげてほしいなぁと思います。

あらいみえこ 「桜の花雛」 ¥3,990- (花の台を含む・幅 約6.5×高さ 約4cm)
         「つぼみ雛」 ¥3,990- (幅 約3×高さ 約3.5cm) 

Category: 木工 | Tag:

「季節のおやつ ミズタマ」の焼き菓子

季節のおやつ ミズタマ」さんの焼き菓子が入荷しました。
甘いものに目がない私は、お客様のいない時に、レジのそばに並ぶお菓子に手を伸ばしたい誘惑にかられます。 もちろん、ぐっとがまんしています..!

右から、ソテーした紅玉りんご入りのチョコレートブラウニー、ビターでとても濃厚な味わいです。柚子のパウンドケーキには、ご実家で採れた無農薬のゆずの自家製ピールと果汁を使っていて、とてもいい香り。米粉のほうじ茶クッキーは、さくさくとした歯ざわりの香ばしいクッキーです。「和三盆のくるみボール」は、くるみを細かく刻んで作ったスノーボールクッキーで、ミズタマさんのおやつの中でも人気の高い定番のものです。
今日もお求めいただけますので、ぜひお出掛け下さい。
底冷えのするこの頃ですが、温かいお茶の用意をしてお待ちしています。

Category: おいしいもの

mitome tsukasaさんの鋳金のピンパッジ

mitome tsukasaさんの真鍮のピンパッジです。
手前のものは「STAR」。とっても素敵な星だなぁと思っています。コートの襟元に、ニットの帽子に、小さな星の輝きを。
その他、手前から、ナスカの遺跡のモチーフ「nazca」や「tori」「green」「flower」「poppy」の6種類が入荷しています。いくつかのネックレスとリングも今年から常設でお取扱しています。

昨日から新年の営業が始まりました。
去年と今年、変わらぬひと続きの日常ではあるけれど、一本の線を引いてまた新しい気持ちで歩き出せるのは、ありがたいことですね。 今年も頑張ります。

mitome tsukasa ピンパッジ ¥1,575-

Category: 金属・アクセサリー | Tag:

おやつの届く日

今月から毎月、第一木曜日には、月替わりで手作りのおやつが入荷します。
昨年の11月、初めての企画展「道草マーケット」の時に焼き菓子を販売したら、地域の方がとても喜んで下さったので、月に一度のお楽しみの日をつくることにしました。でも、いちばん楽しみにしているのは、甘いものが大好きな私かもしれませんね。
安心できる材料で、丁寧なお菓子作りをされている方達のおいしいおやつをお届けします。おいしいものに誘われてお店に遊びに来ていただけたら、とても嬉しいです。

今月は、営業の初日の1月13日(木)に、秋の道草マーケットでも好評だった「季節のおやつ ミズタマ」の焼き菓子が入荷します。今年、ミズタマさんには隔月で納品していただく予定です。どんな季節の素材を使ったおやつが届くでしょう。一年を通して、「季節のおやつ」という言葉に込められた気持ちを感じていただけたらいいな、と思っています。

1月のおやつは、ご実家で採れた柚子を使ったものなど、下記の4種類です。

・柚子のパウンドケーキ
・りんごのブラウニー
・米粉のほうじ茶クッキー
・和三盆のくるみボール

今回は和テイストのものが多いので、YUZURIHAのほうじ茶も合わせてお薦めです!
在来種の(今はほとんどが品種改良された「やぶきた種」なのだそう)そのままでもおいしい緑茶を、手作業で浅く焙じた無農薬のお茶です。なかなか出合えない味わいのほうじ茶ではないかと思います。百草の庭の定番のお茶で、こちらは常時お取り扱いしています。
詳しいご紹介はこちら

Category: おいしいもの

1月のお知らせ

明けましておめでとうございます。 東京は、冬晴れの気持ちのよいお正月でした。
大雪で大変な年越しになったところもあったようですが、皆さまお元気で新年を迎えられたでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

お店の営業は、1月13日(木)からです。
初日の13日(木)から22日(土)までの2週間、小さなSALEを行います。一点になってしまった器や小物などを中心に、在庫整理のため一部のお品物を割引価格で販売します。販売を終了する一部の文房具はさらに特別価格に。お好みのものがあればとてもお買い得です。
13日(木)には、「季節のおやつ ミズタマ」の焼き菓子が入荷します。その内容は、また近々お知らせします。
SALE対象外になりますが、定番のもの、新しく入荷しているものも並びます。いよいよ寒さが厳しくなりますが、どうぞ遊びにいらして下さい。

冬休みに出掛けた中で印象的だったのは、上野の国立博物館です。
特別展の時にしか足を運んだことがありませんでしたが、「博物館に初もうで」というコピーに誘われてお正月に行ってみたら、国立博物館の所蔵品はすごいですねぇ、とても充実した内容でした。
縄文時代から江戸時代まで、土器、仏像、書画、器、着物、屏風、版画など、それぞれの時代に生み出された工芸の歴史をたどることができて、とても親しみやすい展示でした。 1/16(日)までは本館のリニューアル記念の特別展示として、尾形光琳の「風神雷神図屏風」や 葛飾北斎の「冨嶽三十六景」なども公開されていて、お正月からちょっと得した気分でした。 また気軽に行ってみようと思います。

Category: お知らせ

どうぞよいお年を。

2009年10月に「百草の庭」を開店して以来、お蔭さまで少しずつ訪ねて来て下さる方が増えて、今年は嬉しいことがたくさんあった一年でした。ありがとうございました。

お客様が、お店に並ぶ手仕事のものを楽しそうに見ているとき、庭に飛んできた鳥をじっと見ているとき、一緒に庭を眺めながら草木の話をするとき、あぁ、私はこんな場所をつくりたかったんだと幸せに思います。
くるくる、くるくると、この温かな気持ちが、つながり、広がり、巡っていきますように。 「百草の庭」が、少しでもそのお手伝いをできる場所になれることを願っています。

来年の営業は、1月13日(木)からです。 どうぞよいお年をお迎え下さい。

あらいみえこ作  シナの木の人形 「手を合わせる」

Category: 日々のあれこれ | Tag:

冬の庭

冬枯れの庭の中で、磯菊(イソギク)の花が咲いています。この庭の中でいちばん最後に咲く花です。毎年、茎が大暴れするので、今年は春に思い切って短く切り戻したのですが、それでもやっぱり、くねくねと伸びてしまいました。切り戻す時期が早すぎたのかもしれませんね。 でも、白く縁どられた葉がとってもきれいです。

冬の庭には、いろいろな鳥が姿を見せてくれます。
今日は、西洋カマツカの実を、ツグミらしき鳥が食べにきていました。調べてみると「セイヨウカマツカの実は、渋みが強く、鳥達は他に食べる実がなくなってから食べ始める」と書いてあります。秋からずっと赤い実をつけていましたが、この1週間ほどの間にほとんどなくなりました。そろそろ鳥達はエサさがしに必死なのかもしれません。ツグミは遠くロシアから飛んでくる渡り鳥です。日本のおいしい木の実をたくさん食べて冬を越してほしいですね。

いくつか取らずに残しておいた石垣の上のみかんの実を、メジロがつついています。
落ち葉の間をかさこそと動いている小さな鳥もいます。どうやらヤブコウジの実を食べているみたいです。落ち葉に隠れて目立ちませんが、紅葉したヤブコウジがあちらこちらに生えているのです。

葉を落とした木々の枝先には、それぞれに可愛らしい新芽がついています。
ドウダンツツジの新芽をカメラのファインダー越しに見ていると、細いろうそくの先に火が灯っているように見えてきます。

「植物は手を抜くことがないですよね」と言われたお客様がいらっしゃいましたけれど、ほんとうですね。季節ごとの営みを続け、葉を落とすときにはもう新芽をつけて、すっかり春の支度を済ませているのです。毎年のことながら、感心してしまいます。
忙しく迎える年末に、木々の枝先を眺めながら、バタバタとあわただしく毎日を過ごしている自分のことを考えます。去年の今頃も同じようなことを思っていたのですけれど。もっとゆったりした気持ちで丁寧に暮らしたいなと。

Category: 庭の草木