ラ・フランスのジャムが届きました。

いつもお世話になっている三重県尾鷲の可成屋(かなりや)和操さんから、山形県産ラ・フランスのジャムが届きました。 香り豊かで上品な甘さのジャムです。 そして、可成屋さんの冬の人気のジャムといえば、ラ・フランスと生姜のジャム。 こちらも初入荷しました。 細く千切りした生姜がたくさん入っているので、そのまま食べると「はーっ」。 すぐにも身体が温まってきそうな感じです。 紅茶に入れて飲むのが、店主の有田さんのお薦めです。 さっぱり目がお好みの方は、ラ・フランスとりんごのミックスジャムをどうぞ。
その他、お待たせしていた「いちごとミルクの2層ジャム」、いちじくのジャム、いちごジャム、いちごとラズベリー、4種のベリーミックス(いちご・ラズベリー・クランベリー・ブルーベリー)を販売中です。 安全な果物と砂糖とレモン果汁だけで炊き上げた、素直なおいしさの無添加ジャムです。

可成屋さんは、ほんとにたくさんの種類のミックスジャムを作られています。 柿とマンゴーとか、ブルーベリーとバナナとか、ルバーブと苺とか、いろいろあるんですよ。 これはどうかな、とひらめいた組み合わせは、まずは単独で炊いたジャムを混ぜ合わせて試食してみるのだそうです。 4種のベリーミックスは、デパ地下の立ち飲みジュースコーナーでこのメニューを見かけて、ジュースがおいしいならジャムもおいしいはず、と作ってみたらおいしかった!のだそうです。 我が家でいちばん多くいただいているのは、このジャムかな。
私は、食べ物に関しては、あまり新しい味にチャレンジできない方なのですが、少しずついろいろなジャムをご紹介したいと思っています。 食べてみたいジャムがあったら、注文する機会があるかもしれないので、どうぞリクエストして下さいね。

可成屋 和操の無添加ジャム ¥600~700-

Category: おいしいもの | Tag:

平野日奈子さんの貝殻ボウル

「貝殻ボウル」という名前の平野日奈子さんの粉引の器です。 ゆるく波打つ縁といい、不規則に搔き落とされた線といい、素朴な可愛らしい小鉢です。
明日から3日間、ご来店をお待ちしています。 今週はお天気になりますように。

平野日奈子 貝殻ボウル (小)  径 約5cm×高さ4.5cm ¥2,100-

Category: お知らせ | Tag:

TETOTEさんの布と革の手鏡

TETOTEさんの手刺繍の手鏡は、野の花の刺繍のものに加えて、 「around the world」と名付けた新しいシリーズのものが届いています。 ブルガリア・デンマーク・ルーマニアなど、藤武美輪さんがそれぞれの国からイメージする色や模様で刺繍をほどこしています。 落ち着いた色の組み合わせがシックで、とても上品です。 それぞれ布の袋がついています。 いつもバッグにしのばせて、ずっと大切に使い続けたい手鏡です。

鏡の面は、ステッチをきかせた革があしらわれています。 革の縫製はすべて、椅子張りの技術者でもあるご主人の秀幸さんの担当です。 ご夫婦それぞれの手仕事を合わせて、ひとつの作品を作り出しているTETOTEのお二人。 ご結婚された時には、二人でもの作りをすることになるとは思っていなかったそうです。 それぞれの持つ資質とチームワークの良さで、少しずつ作品の世界を広げてきた藤武秀幸さん・美輪さんの、これからのお仕事がとても楽しみです。

 TUTU「花重ね」

「冬の日の過ごし方」
2011.12.1(木)・2(金)・3(土)・8(木)・9(金)・10(土)・15(木)・16(金)・17(土) 
11:00~17:00

TETOTE (手刺繍の布小物) ・ 平野 日奈子 (陶 器)
フェルトの小物や泥染めのオーナメントなど、百草の庭の12月のお薦めのものを合わせて展示しています。 

TETOTEさんの作品は、ティーコゼー、ポシェット、湯たんぽカバー、椅子敷き、つぼみ巾着、写真帖、手紙帖、ポーチ「小さな船」、革の「葉っぱブローチ」、それから布張り小箱「TUTU」もまだたくさんご覧いただけます。 つぼみ巾着やTUTUなどは、贈り物にもお薦めです。

TETOTE 手鏡 径8cm ¥4,725-  ・ TUTU(2段) 「花重ね」 径約8cm×高さ7.5cm ¥3,675-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

平野日奈子さんのハニーポット

今週は「冬の日の過ごし方」展の2週目です。 いつも通り、木・金・土曜日の3日間営業致します。

平野日奈子さんの粉引の器がたくさん展示されています。 7寸リム皿、8寸リム皿、小皿、お茶碗、小鉢、マグカップ、スープカップ、ティーポット、蓋付きピッチャーなど。 どれもほっこりとしたやさしい形の器達。 その中でも特に心魅かれたのが、このハニーポットです。
蜂蜜は、冬になり気温が下がると固まってしまいますよね。 大きなビンで買った蜂蜜がガチガチになっていると、湯煎にかけるのも億劫になってしまうことがありませんか。 こんなハニーポットに小分けしておいたら、いつでも使いやすいし、なにより楽しい気持ちになれそうです。 平野さんのお話では、ハニーポットに小分けしておけば、少量をかき回すせいか、冬でも湯煎にかけるほど蜂蜜が固まってしまうことはないそうです。
平野さんのこういうものを作る個性に、私はぐっときてしまうのです。 土曜日に在廊されたご本人に伺ってみたら、蓋付きのものを作るのがお好きなのだそう。 こちらも蓋付きの素敵な花入れ 「道草花器」は、大小いろいろな形のものが届いています。 ぜひこの機会に手にとってご覧下さい。

平野日奈子 粉引のハニーポット 径 約7.5cm × 高さ 約9cm ¥3,570- 

Category: 陶磁器 | Tag:

TETOTEさんの手刺繍の椅子敷き

昨日から 「冬の日の過ごし方」展が始まりました。 この企画が冬を呼んだみたいですね! 昨日今日とぐっと冷え込んで、いよいよ冬の到来を感じました。 冷たい雨の中をご来店下さった皆さま、本当にありがとうございました。 ゆっくりと時間をかけて熱心にご覧下さる方ばかりで、それがなにより嬉しかったです。

今日ご紹介するのは、TETOTEさんの椅子敷きです。 冬になると木の椅子に腰かけた時にひんやり感じることがありますが、こんな椅子敷きがあったら嬉しいですね。 シックなざくろの刺繍がすごく素敵です。 サイズは約40cm角で、手洗いしていただけます。 椅子敷きにするだけでなく、Myお座布団として、気軽に部屋から部屋へ持ち歩く小さなお座布団の感覚で使っていただくのもよいと思います。 柄は、DMのティーコゼーと同じ綿の花の刺繍の「コツトン」など4種類があります。 Sサイズのものもあります。

TETOTEさんは、この企画展に、革の「葉っぱブローチ」を含めて100点近い作品を届けてくれました。 藤武美輪さんの刺繍の世界が十分に楽しめて、見応えがあります。 糸の色使いが抜群にセンスが良いのです。 ご紹介したいものがたくさんありますが、写真の用意ができなくてすみません。 会期はまだまだ長いので、これからもいろいろとご紹介していきます。 ただ、制作の点数が少ないものもあるので、気になるものがあれば、どうぞお早目にお越し下さい。
平野日奈子さんの陶器は、蓋付きピッチャーとハニーポットをぜひ見ていただきたいです!リム皿もとても素敵ですよ。
明日の3日(土)は、TETOTEの藤武美輪さんと平野日奈子さんがお店にいらっしゃいます。 駅からの坂道に、真っ赤なもみじの葉が散り敷いてきれいです。 ぜひお出掛け下さい。

TETOTE 椅子敷き(Mサイズ) 「ザクロ」  ¥9,975-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

トモタケさんの泥染めのオーナメント

今年もまた、トモタケさんのクリスマスオーナメントが並ぶ季節になりました。 なんとも言えず温かみのある色をしています。 それは、ひとつひとつ泥染めで描かれているから。 この色を生かして、ひとつふたつ枯れ枝に下げたりするのが似合いそうです。
五倍子(ごばいし)から抽出したタンニンで布を下染めし、鉄分を含んだ泥を使って、ひとつひとつ指を使って型染めしています。 泥の中の鉄分とタンニンが反応して黒く染まり、空気や光によって時間をかけてチャコールグレーに変化していくそうです。 小さなオーナメントですが、長い時間をかけて作られているのです。 ちょこっと加えられたリボンの刺繍が、効いていますね。 靴下・ろうそく・雪の結晶の3種類があります。

明日から「冬の日の過ごし方」の展示が始まります。 12月17日(土)まで、営業日はいつも通り木・金・土曜日です。 冬の日のお薦めのものが、あれこれ店内に並びました。 サノアイさんのサンキャッチャーも本日たくさん届きました。 晴れている日には、お昼過ぎまで、窓から射す光で店内に広がるプリズムをご覧いただけると思います。
明日は、TETOTEの藤武美輪さんと一緒にお待ちしています。 美輪さんは14時半頃までお店にいらっしゃる予定です。 ご来店をお待ちしています。

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

さこうゆうこさんのヒヤシンスポット

明日からの「冬の日の過ごし方」展のために、さこうゆうこさんのヒヤシンスポット・ムスカリポットがたくさん届きました。 いろいろな形のポットが勢ぞろい。 展示の準備を始める前に、TETOTEさんのティーコゼー「窓辺のヒヤシンス」と並べて写真を撮ってみました。 この刺繍のポット、さこうさんのヒヤシンスポットに似てますね? そうなんです。 藤武さんもさこうさんのヒヤシンスポットを持っているのですって。 なんだか嬉しくなるつながりですね。

さこうゆうこさんの早春の工房の窓辺のお写真をお借りしました。 こうしてたくさん並ぶと可愛いですねぇ。 球根の芽が出て、花の色が少し見えてきた頃の様子が、私は大好きです。

さこうゆうこ ヒヤシンスポット ¥3,990- ・ ムスカリポット ¥3,675- 
TETOTE ティーコゼー 「窓辺のヒヤシンス」  ¥9,240-

Category: ガラス | Tag:

オリジナル湯たんぽカバーができました。

百草の庭の初めてのオリジナル、湯たんぽカバーができました。 開店当初からずっと取り扱いたいと思っていたもので、TETOTEのお二人に制作していただき、ようやく実現することができました。

我が家では、もう10年ほど前から湯たんぽを使っています。 寝る時間の少し前に、布団の腰のあたりに湯たんぽを入れておくと、布団に入った時にとってもいい気持ち。 寝床に入ったら足元に下げます。 布団の中の湯たんぽは朝までほんのり温かいです。 お湯を沸かすひと手間をかけるだけ、省エネで経済的で、いいことばかり。 子供達も寒くなってくると「湯たんぽ入れて~」と言うようになり、今では家族みんながそれぞれ湯たんぽを持っています。
市販のカバーにはなかなか好きなものはなくて、自分で縫ったカバーを使ってきました。 でも、さすが!TETOTEさんにお願いしたらこんなに素敵なものができました。 冬の間は毎日使うものなので、自宅で洗濯ができるよう、シンプルなステッチの刺繍でしっかりとした作りのものをお願いしました。 サイズは大きめです。 お湯の量が多い方が断然冷めにくいですから、大きな湯たんぽがお薦めだからです。 金物でもプラスティック製でも、大抵の湯たんぽは入るはずです。 ふっくら綿が入った袋に別布で口布をつけてあるので、紐がしぼりやすく、とても丁寧な作りです。 柄は「クロス」と「ハナ」の2種類。 「クロス」にはページュの色違いもあります。 ぜひ手にとってご覧下さい。

TETOTEさんのブログでも紹介されています →

TETOTE 湯たんぽカバー ¥5,040-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

12月のパンとシュトレンのお知らせ

毎月、第一木曜日は月に一度の「おやつの日」。 偶数月には、葉山のTette.さんのおやつパンが届きます。 明後日の1日(木)は「冬の日の過ごし方」展の初日です。 ぜひ展示と合わせてお楽しみ下さい。

Tette.さんからお借りした写真は、さつま芋と黒ゴマの玄米パンです。 炊いた玄米と黒ゴマをを練り込んだハード系の生地に、ほっくりと甘いさつま芋をたっぷり包んだパンです。 この他の12月のパンのメニューは、ブラックココアを生地に練り込み、チョコチップをたっぷり加えた大人のおやつパン「ブラックココアの石ころパン」と、かぼちゃとキャラメルナッツのイングリッシュマフィン、有機いちぢくのスコーン、チーズと黒胡椒のスコーンです。
そして、12月だけのお楽しみ、シュトレンも届きます。 DMのご案内に「シュトーレン」と記しましたが、「シュトレン」が正しいようです。 シュトレンは、ドイツの代表的なクリスマスの菓子パンです。 クリスマスの4週間前の日曜日からの心を清めてクリスマスの準備する期間をアドヴェントと呼び、この時期に合わせて作られるものだそうです。 ドライフルーツとアーモンドを練り込み砂糖をまぶした、しっとりとした、発酵菓子ともいえるリッチなパンです。 Tette.さんのシュトレンには、ラム酒につけたクランベリー・カレンツ・有機イチジクとアーモンド゙がたっぷり入っていますよー。 たくさん食べたい気持ちを抑えて、少しずつ薄く切って、長い間楽しみます。 おいしいおいしい冬の日の過ごし方なのです。

Category: おいしいもの

平野日奈子さんの陶器

土のぬくもりを感じる平野さんの器は、寒い冬によく似合います。
12月1日から始まる「冬の日の過ごし方」展では、岐阜県多治見市で制作される平野日奈子さんの器をたくさんご覧いただきます。 
赤土の生地に、山の白い原土をかけて作られた粉引の器。 ところどころに土の中に含まれる鉄分が紅く浮き上がります。 素朴で土の力強さを感じる質感と、やわらかく可愛らしい形とのパランスが、平野さんの器の魅力ではないかと思っています。 口が少しだけすぼまって、とても素敵な形のマグカップです。 違う形や大きさのマグ、ごろごろ具が入っていてもOKな大きなスープカップなども届きます。

こんな渋い小皿も、平野さんの器はどこかほのぼのとした感じがしますね。 この金属のような質感の小皿は、釉薬に鉱物のコバルトを使っているそうです。 釉薬が溜まっているところが少しきらきらとして、青みがかった色がとてもきれいです。
9月にご紹介した「道草花器」に魅かれてお店に来て下さった方がたくさんいらっしゃいましたが、「冬の日の過ごし方」展のためにもたくさん作っていただきました。 ぜひこの機会にご覧下さい。

上の写真のティーコゼーにもご注目下さいね! 上品なブルーの生地に、オリーブの実を3箇所に手刺繍で描いたTETOTEさんの作品です。 DMの写真に使った綿の花の刺繍「コットン」は、大好きな柄で私がリクエストしたのですが、こちらもまた素敵なポットカバーで嬉しくなりました。
TETOTEの藤武さんは12/1(木)・3(土)に、平野日奈子さんは12/3(土)にお店にいらっしゃいます。

平野日奈子 粉引マグカップ 底の径7.7cm×高さ7cm ¥2,940-  
        「くも型小皿」 (小) コバルト釉 幅 10.7×8 × 高さ 1.8cm ¥1,470-  Sold out
TETOTE 手刺繍のティーコゼー (Mサイズ) 「オリーブ」 ¥10,815-  Sold out

Category: 陶磁器 | Tag: