西洋カマツカの芽吹き

小さな白い花が集まって咲く西洋カマツカ。今は、芽吹いたばかりのやわらかな葉に包まれて、つぼみが顔を出したところです。道草マーケットの頃に、ちょうど花が咲いていたらいいなと思っています。
数日経てば、すっかり違う姿になっている春の植物たち。ほんのわずかな間だけ見られる芽吹きの様子を楽しんでいます。 お店にいらしたら、どうぞ庭に出てご覧になっていって下さいね。

Category: 庭の草木

春の道草マーケット のお知らせ

2011年4月23日(土)~30日(土) 11:00~17:00 
  ※26(火)はお休みします。会期中は日・月・水曜も営業します。
  ※21・22日は展示の準備のため、お休みさせていただきます。

まっすぐに先を急ぐばかりでなく、好きなもの、美しいと感じるものをさがしながら、のんびりいこう。  
そんな気持ちを込めた、半年に一度の「道草マーケット」です。

西山 芳浩 (ガラス)   ・・・23(土)13:00頃~在店
ノラヤ (手彩色のカードなど)
mitome tsukasa (鋳金のアクセサリー)  ・・・23(土)13:00頃~在店
motorinue&Lokhme (ミシンワークの布小物)

異素材の4組の作家さんに参加をお願いしました。ひとつひとつ表情の違う吹きガラスの器や花入れ。 そして、紙・金属・布の作品には、それぞれ花や鳥などの自然のモチーフのものも多く、春らしく楽しい展示になりそうです。
初日の23(土)には、三留 司さんが葉山から、西山 芳浩さんが遠く金沢からお店に来て下さいます。motorinue&Lokhmeの箱田さんも顔を出して下さるそうです。ご都合がよければ、ぜひぜひ今からご予定下さい !
ご案内のハガキをご希望の方にはお送り致します。どうぞご連絡下さい。→

会期中には、もりのにわさんのオートミールバーとローズマリーのクッキーを販売します。下記の日には、アップルパイとクロワッサンが届きます。
4月23日(土) アップルパイ ( 砂糖を使わずりんごそのものの甘さを引き出した素朴なパイ)
4月29日(祝) クロワッサン ( しっかり粉の味がします。あんこ・チョコレートの2種類です。)

お店の窓から見える小さな庭の真ん中に、西洋カマツカの白い花が咲く頃です。 春の歓び、手仕事の歓びを、たくさんの方に感じていただける一週間にしたいです。

Category: お知らせ

小川佳子さんの薬味箱

小川佳子さんの薬味箱が入荷しています。3.6cm角ほどの小さな面ごとに、青海波、組七宝、亀甲紋などの文様が描かれています。 染付の陶器で、ふちの色は浅葱色と言ったらいいでしょうか、小川さんの器のこの色が好きという方の多い、やさしい色合いです。

蓋をあけると、本当にきれいに面取りされています。匙の穴の角度まできちんと。 気持ちのよい仕事です。

小川さんの飯碗を手に取ると、皆さん「軽い !」とびっくりされます。 先日、ご年配のお客様が、「この頃お箸も重くて。この軽さはありがたいわ~。」とおっしゃっていて、可笑しかったです。 底の方まで均一の厚さで作ることで、この軽さが生まれるそうです。

お揃いでお箸置きもどうぞ。 現在、10種類の文様があります。お好きな組み合わせで選んで下さいね。

小川 佳子  薬味箱 ¥2,415- ・ 飯碗 ¥2,625- ・ 箸置 ¥525-

Category: 陶磁器 | Tag:

クロモジの芽吹き

庭の黒文字(クロモジ)の花が咲きました。
樹皮の斑紋が文字のように見えることから名前が付いたと言われる木です。 古くからこの枝で楊枝が作られていて、お茶の席などでは、楊枝のことを「クロモジ」と呼ぶので、「そのクロモジなんだ! 」と思われた方も多いかもしれません。
今年は3月になっても寒い日が多かったので、どの木も芽吹くのが遅かったです。 クロモジもずっと固い芽のままだったので、今年は葉が広がる前に花が咲いてしまいました。 木々の葉が芽吹く様子は、それぞれずいぶん違うものです。クロモジは、ピンと立った槍のような芽の中から、うっすらと絹毛の生えた新葉が姿を現します。
春の庭は、近づいてよく見てみると、毎日なにか小さな発見があります。

                           *

さて、今週の7日(木)は、第一木曜日、月に一度の「おやつの日」。 葉山のパン工房Tette.さんの自家製酵母のおやつパンと焼き菓子が届きます。
2月に好評だったメロンパン、くるみのメープルキャラメル、2種類のスコーン、森のカンパーニュの他、オリーブとチーズのフォッカッチャ、抹茶と大納言のパン、有機紅茶と夏みかんピールのベーグルなどをお願いしました。「ざくざく」と「ほろほろ」2種類のクッキーも販売します。

  ざっくり食べ応えのあるクロワッサンも届きます。

「皆さんに元気になってもらえますようにって想いを込めて焼かせていただきます」とTette.さん。
うん、おいしいものは、元気になる力をくれますよね !

※パンの写真は、Tette.さんからお借りしました。

Category: 庭の草木

mitome tsukasaさんの鋳金のアクセサリー

mitome tsukasaさんの作品との出会いは、この鍵のネックレスでした。鍵のモチーフというのは、なにか心魅かれるものですが、この植物を写し取ったデザインが、なんてきれいなんだろうと思いました。ひと目で魅かれて購入したその時の真鍮のネックレスは、とても出番が多く、色が少しずつ変化して、いい風合いになってきました。
鋳金の技法で作られる三留さんのアクセサリーは、とても軽くてつけ心地がよいです。この線紐のネックレスは、オリジナルの留め金で長さを調整できるのもありがたいです。素材は、それぞれ真鍮とシルバーの2種類があります。

こちらは「doily」。「doily」というのは、花瓶などの下に敷くレースなどの丸い敷物のことなんです。 ほんとう、レースのよう。繊細な模様が、ひらりひらりと揺れるネックレスです。

左から「namima」「flow」「amadare」という名前がついています。 波、水面を流れる水の泡、雨のしずく、そんな水の姿から形づくられた3つのリングです。

ご紹介した「key」「doily」シリーズのネックレスと、この3種類のリング、真鍮のピンバッジを、現在、お取り扱いしています。 そして、4月23日(土)から始まる企画展・道草マーケットに向けて、こんな春らしい作品も届いています。

ハルジオンのネックレスです。可愛いですねぇ。 道端に咲く花から、こんな作品が形づくられることに 胸が躍ります。 「ハルジオン、ハルジオン」。 その名前が、幸せのおまじないのように思えてくるような。
道草マーケットには、ネックレスやブローチの他、春らしいピアスや新作のバングルなども届けて下さるそうです。楽しみです !

Category: 金属・アクセサリー | Tag:

TETOTEさんのポーチ「小さな船」

布と革を素材にして、ご夫婦で制作活動をされているTETOTEさんの新作のポーチ「小さな船」です。
いつもセンスの良さを感じる藤武美輪さんの刺繍、今回はラフにフリーハンドで刺して、ゆったり大らかな雰囲気になっています。ペンケースにもなりますし、細かなお化粧品など入れるにも使いやすそうな形です。美輪さんご本人は、ちょうど刺繍糸が収まる大きさなので、針や糸切りばさみなど手芸道具を持ち歩くときに使っているそうです。

形は左右対称でなく、「小さな船」という名前の通り、片側は舟の舳先のようで、反対側に向かって幅が広くなり底が反り返る、とても素敵な形です。さりげなくラフな雰囲気ですが、底の布にもほどこされた刺繍やファスナーの部分の革使いなど、とてもこまやかな手仕事の作品です。

TETOTE ポーチ「小さな船」 ¥4,410-

Category: 布・革・フェルト | Tag:

レンギョウの花

いつの間にか、石垣の上の連翹(レンギョウ)の花が満開でした。
レンギョウは、まず花が咲き、それから枝の先に葉が芽吹きます。黄色い花と少しの若葉が混ざっている時のレンギョウが好きです。若々しく、春らしい色のバランスだなと思うのです。

春のはじめに咲く花には、黄色い花が多いですよね。それはなぜなのか。受粉を媒介する昆虫に関係があると言われています。春にいち早く活動を始めるアブの仲間が、最も敏感に反応する色が黄色なのだそうです。できるだけたくさん花粉を運んでもらうために、いろんな工夫をして、この色や形になって咲いているわけです。そんな自然の世界のことを思うと、いつも不思議な気持ちになります。

Category: 庭の草木

はじまりの季節

昨日は、TETOTEの藤武美輪さんが、春の作品を持ってお店に来て下さいました。
こうして並べると、お店の中にも小さな花が咲いたようです。いつもながらのやさしい刺繍の布張り小箱「TUTU」。その他にもたくさんのきれいな作品が届き、すごく元気づけられました。

地震から2週間、気持ちを整理したつもりでいましたが、被災地のこと、原発のこと、いろいろなことを見聞きすると、不安や無力感で気持ちが沈む日もあり、庭だよりもなかなか更新できないまま、ぽっかりと空白の期間のように時間が過ぎました。
照明を落とし、エスカレーターの止まった節電中の街を歩きながら、これまで原発のことをなにも知ろうとせずに、どれだけ電気を使いすぎていたのだろうと感じます。まだ不安な日々は続きますが、勇気をもって福島原発で作業をしてくれている人達の努力が、実を結ぶことを祈っています。
我慢強く、慎み深い東北の被災地の人達のことを心に置き、この国はもう一度やり直せるかもしれないと感じた小さな希望の光、その小さな光を見失わないように進みたいです。

ご心配いただいた、かごを編んで下さっている岩手県一戸の方達は、内陸の地域なので、ほとんど被害はなかったとのことです。のだ窯の泉田之也さんは、ご家族、ご自宅と窯もご無事でした。でも、海沿いの野田村は、大きな津波の被害を受けました。一日も早く村の皆さまが穏やかな日常を取り戻されますように。いつも応援の気持ちを込めて、泉田さんのすり鉢を使います。ごりごり、ごりごりと、元気よく。

TETOTEさんのハナミズキの葉の革のブローチです。浅い緑の色が印象的です。パステルカラーや白い布にのせたら、とてもきれいだと思います。この他にも、新作のポーチや、花の刺繍の手鏡、つぼみ巾着、フラットバッグなども届きました。またご紹介しますね。
来週から、いつもの庭だよりに戻って、たくさんの素敵な作品をお伝えしていきます。どれも日常の暮らしの中に、ささやかな歓びを運んでくれるもの達だと思っています。

春と冬を行ったり来たりの気候が続き、まだ春じゃないのかなぁと、様子を伺っていたような庭の木々に、ようやく若葉が芽生えました。 この時に巡ってくる季節が、春でよかったなぁと、しみじみと感じています。
春です。はじまりの季節です。

TETOTE  TUTU 2段「タンポポ」 ¥4,410- ・ ブローチ「ハナミズキの葉」 ¥1,260-

Category: 日々のあれこれ | Tag:

九谷青窯のマグカップ「花畑」

「花畑」という名前の石川県・九谷青窯のマグカップです。ほっそりと底がすぼまった形と、一本一本描かれた青い花のバランスがとてもきれいで、清々しく印象的なうつわです。いくつか棚に並べたら、春らしい雰囲気になりました。

今日と明日は臨時休業させていただきますが、19日(土)からは計画停電がある日でも、通常通りお店を開ける予定です。 心をこめて作られたきれいなものを見て、少し元気になって帰っていただけたら嬉しいです。 

九谷青窯 マグカップ「花畑」 (径 約9.3cm × 高さ 約8.5cm) ¥2,520-
※メールでのご注文も承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

Category: 陶磁器

計画停電に伴う臨時休業のお知らせ

17(木)・18(金)は、地域の計画停電に伴い、臨時休業させていただきます。

ぎりぎりまで迷っていてお知らせが遅れてしまい、申し訳ありません。
百草の庭は、東南側が一面大きな窓ですから、日中の店内は停電中でもわりと明るいのですが、計画停電が営業時間と重なる明日と明後日、真冬並みの気温に下がるということで、暖房が使えずかなり寒くなることも考えて、2日間は休業することにしました。
19日(土)からは、停電の有無に関わらず、通常通り、木・金・土曜日に営業する予定です。 お近ければ、お店に来ていただいて、少しゆったりした気持ちになっていただけたらいいなと思っています。

毎日、ニュースを見ながら、家や家族を失った方達のこと、被爆の危険にさらされながら原発の事故回避の作業をしている方達のことを思うと、つらい気持ちになります。地震のあった日からずっと、心の中がざわざわしていて、こんな時にお店を開きお買いものをしていただくことは、はばかられるような気持ちでした。でも、少し気持ちの整理をして、いつも通り私の仕事を頑張ろう、そして、今、自分にできること、節電と募金をしようと思うようになりました。
これからの復興への長い道のり。大切なのは、この心の痛みを忘れずに、半年後、一年後、数年後も、私にできる支援を続けていくことだと自分に言い聞かせています。

今年の冬は寒かったせいか、庭の花が咲き始めるのが遅く、今頃ようやく黄水仙の花が咲いています。 せめて早く、暖かい春が被災地にも訪れることを願います。

【日本赤十字社に東北関東大震災の義援金を送る方法についてご案内します】
義援金の受付についての日本赤十字社のホームページはこちらです。 → 
郵便局の窓口では、すぐに日赤の義援金専用の振替用紙を出してくれます。窓口で入金すれば、振替手数料はかかりません。

Category: お知らせ