盆栽展「小さな春」 明日から始まります

明日から、橋口りかさんの盆栽展「小さな春」が始まります。
米ツガ、赤芽シデ、笹葉南天、錦糸南天、ヒサカキ、モミジ、ブナ、ハイノキ、石化ヒノキ、ボケなどなど、たくさんの豆盆栽が並びます。盆栽を見る時は、自分が小さくなった気持ちで少し下から見上げてみて下さい、と橋口りかさんが話されていました。ぜひそんな気持ちでご覧になってみて下さい。

もみじ「出猩々」とイワカガミダマシの寄せ植えです。苔の上に白く広がっているのは残雪草。早春の山の景色を写し取ったような作品です。
右側は、可愛い鉢のツツジの盆栽です。花が咲くまでの毎日が楽しみですね。

イワウチワの豆盆栽も、数点届いています。つぼみがふっくらと色づいてきました。先日、ご案内状の写真でご覧いただいた通り、とても繊細な印象の花ですが、長い間咲いて楽しませてくれます。常緑の多年草で、うちわのような葉も愛嬌があります。
この他、西洋カマツカや枝垂れ桜の苔玉や、ギョリュウなど私にとっては耳慣れないものも。いつもはお店に並ばないような、梅やキンロウバイなどの華やかな盆栽も展示しています。

                            *

そして明日は、第1木曜日の「おやつの日」です。季節のおやつ ミズタマさんの焼き菓子が入荷しています。

いちごのクランブルタルト

とても春らしいおやつが届きました。ほんのり甘いクッキー生地の上に、軽く煮たいちごをのせて、上面をクランブルで覆って焼いた「いちごのクランブルタルト」。自家製の文旦のピールを使った「文旦ピールパウンド」。大きめに刻んだピールのほろ苦さ加減がとてもおいしいのです。「もう一度食べたい!」というお声をいただいたので、前回に続き「りんごのチョコレートブラウニー」。蒸し焼きにしたガトーショコラのようなしっとり濃厚な味わいです。それから、定番・和三盆のくるみボールの4品です。

「小さな春」展の期間中は、盆栽の他、いつもの常設のお品物も展示しています。8日(火)のみお休みして、来週の12日(土)まで続けて営業しています。どうぞこの機会に、お散歩がてらお出掛け下さい。

Category: おいしいもの, 盆栽・苔玉

木瓜のつぼみ

展示会の盆栽の作品が届いてからというもの、木瓜(ボケ)のつぼみを見ては「まだ咲かないでね」。 ブナの固い芽を見ては「そろそろ芽吹いてね」。そんな勝手なことを思いながら過ごしています。

昨日から東京は冬のような寒さが戻りました。でも、もう3月、霜が降りる心配はないので、冬中、庭に散り敷いたままになっていた落ち葉を片づけました。ほとんどは、庭の裏の散策路のコナラの木から舞い落ちてきたものです。草の間に入り込んでいるので、手でかき出すように取っていきます。バケツ10杯分くらい。集めた落ち葉は、せせらぎ農園に運ばれます。やろうやろうと思っていた庭仕事を済ませてさっぱりしました。まだだいぶ残っていますが、残りは腐葉土になっていくでしょう。庭は少しすっきりして春らしくなりました。アヤメやヒメシャガ、いろんな花の芽が顔を出しました。

遠くから見ると枯れ枝のように見えている木々も、近づくと枝先の芽が少しずつふくらんでいます。利休梅(リキュウバイ)の芽は、こんなにやさしい色をしていました。 あぁ、よかった、今年もあの花に会えると思うときです。

また雨が降り出しました。この雨のあと、気温が上がれば、木々の芽は一気に動き出すでしょう。

Category: 盆栽・苔玉

盆栽展 「小さな春」 のお知らせ

2011年3月3日(木)~3月12日(土)11:00~16:00
※8(火)はお休みします。

今週の木曜日から、盆栽展「小さな春」が始まります。
案内状のイワウチワの写真は、昨年の3月に撮影したものです。うちわのような丸い形の葉も、幻想的な花も魅力的な、「春の使者」という素敵な花言葉をもつ植物です。
展示会用に届いたイワウチワは、葉の蔭に隠れた蕾の先が少し色づき始めたところです。今回の盆栽展は、早春の草木の芽吹きの時や、蕾と花の間の時間を楽しんでいただきたいと思い、この時期にお願いすることにしました。

手のひらにのるような小さな豆盆栽から、枝垂れ桜などの華やかな大きなものまで、40点余りの作品が届きました。また、陶磁器やガラス、布のものなど、常設のお品物も合わせて展示致しますので、どうぞお気軽に足をお運び下さい。

Category: お知らせ

小澤基晴さんのジャムボウル

昨日の小澤基晴さんのご紹介の続きです。
小澤さんからの納品の箱の中には、こんな可愛いラベル付きの手作りのいちごジャムが入っていました。前回はプルーンのジャムで、とってもおいしかったです。今回のいちごジャムは、浅い春にぴったりの、明るいきれいな色で、もったいなくてまだ開けられずにいます。小澤さんのブログを見ていると、ほんとによくジャムを作られてる!ブログのカテゴリに「ジャム」があるくらいですから。
だからもちろんジャムボウルも作られています。

サノアイさんのブラックウォールナットのリム皿に、スープカップを載せました。 スープにもコーヒーにも合いますね。おいしいパンも一緒にのせて、こんなふうに食べてみたいです。ブロンズ釉は、木の器ととても相性がよいです。
小澤さんと仲間の作家さん達の「団欒」のブログでは、小澤さんの作品が美しい写真で紹介されています。焼き菓子を載せたお皿がとても素敵なこと、実感してもらえると思います。どうぞご覧になってみて下さい。こちらです。→

小澤基晴さんの器に興味を持ってからのち、だいぶ長いこと、小澤さんのブログの読者でした。器づくりについての試行錯誤の様子や暮らしのこと、いつも実直に綴られています。ユーモアがあってとても優しく感じられます。 昨秋、ようやくご本人に会う機会があって、お取り扱いをお願いすることができました。

小澤基晴  ジャムボウル(ブロンズ釉)¥1,470- Sold out ・ スープカップ(径 約9.3cm 高さ約5.8cm) ¥2,310-
※メールでのご注文も承ります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

Category: 陶磁器

小澤基晴さんの器

岐阜県土岐市で作陶されている小澤基晴さんの器です。
鉄赤とブロンズ釉の2つの色のお皿やマグカップが届きました。温かく奥行きのある色、シンプルで美しい形の器です。
なにを作っていただこうか迷いましたが、まず、ケーキ皿にも取り皿にも使いやすそうな6寸リム皿をお願いしました。こんがり焼き目のついたマフィンやクロワッサンをのせるのにもぴったりです。焼き菓子がとても似合う色なんです。 きれいなバランスの「掛け分けマグ」を、どちらの色のお皿と合わせるかはお好みで。色違いで持っていても楽しいかもしれませんね。
鉄赤・ブロンズ釉それぞれの単色のマグカップとスープカップも入荷しています。

直径約23cm、高さが6cm弱のたっぷりとした盛り鉢。シンプルでモダンであり、縁に施されたしのぎの装飾が、素朴な力強さも感じさせる器です。カレーやパスタ、煮物をたっぷり盛って、いろいろに活躍しそうなお皿です。右側でフォークレストになっているのは、直径7cmほどの「しのぎ豆皿」です。

ひな菊の花のようにも見える可愛らしい姿の「しのぎ豆皿」。 豆皿は、ついついほしくなるものですね。角砂糖ひとつ、小さなお干菓子、ちょこんとのせてみるとおままごとのようで楽しいです。
雛あられを少しのせて、お雛様にお供えしましょうか。

小澤基晴 6寸リム皿 ¥2,940- ・ 掛け分けマグ ¥2,310-
       しのぎ盛り鉢 ¥5,775- ・ しのぎ豆皿 ¥1,050-
※メールでのご注文も承ります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

Category: 陶磁器

臨時休業のお知らせ

今日は、春一番が吹きましたね。
強風の中、お出掛け下さった皆さま、ありがとうございました。

明日は、大変勝手ながら、都合により臨時休業させていただきます。
来週の木曜日から、また通常通り営業致します。
3月3日(木)からのミニ盆栽展の期間中は、常設のお品物も合わせて展示します。盆栽には縁のなかった方も、どうぞお気軽に観にいらして下さい。

写真は、羊羊屋・宮崎桃子さんの天然有色羊毛の「フェルトドーナッツ」です。
針さしにすると、羊毛が油分を持っているので、針が錆びにくいです。 ひもを通して、ぶーらぶらとつるしておくのも愉快です。

宮崎桃子  「フェルトドーナッツ」¥1,575- ・ 厚手の「しかくコースター」¥1,050-

Category: お知らせ

KAGOSHIMA HANKO はんこの楽しみ

KAGOSHIMA HANKOさんの消しゴムはんこが、たくさん入荷しています。持ち手がコルクから木材に変わり、丈夫で使いやすくなりました。人気の吹き出しはんこは、羊、猫、犬、おかっぱの女の子の4種類が届いています。

はんこを押すのは楽しいです! 気軽に色を変えていろいろなものに押せるのが魅力ですね。 タグにしてメッシセージを添えて紙袋の持ち手に下げたり、クラフト紙の無地の封筒にポンと押すだけで、ぐんと可愛いものになったりします。
これからお子さんの入園の準備をされる方にお薦めなのが、左下のダックスフンドのはんこ。市販の1.5cm幅の綿テープに布用のインクで押して、中にお名前を記入すれば、衣類やバッグ、ハンカチなど、いろいろなものに縫いつけて使っていただけます。小さなお子さんが自分のものを見分けるマークにもなりますね。

郵便番号を書き入れるはんこをお願いしたら、こんな可愛いものを作ってくれました。 薄い色のインクで押して、列車の窓に郵便番号を書き入れます。濃い色のインクで押せば、また違った印象の列車のはんこになります。

春には「消しゴムはんこづくり」のワークショップをしようと鹿児島さんと計画中です。はんこのいろいろな楽しみ方を知っていただけるようなものにしたいと思っています。

KAGOSHIMA HANKO  吹き出しはんこ・郵便番号列車のはんこ  ¥840-

Category: 文房具

小澤基晴さんの掛け分けマグカップ

東京は、昨日から雪が降っています。みぞれになったり雪になったりで、積もることはなく、真っ白な雪景色は見られませんでした。こんなお天気の日は、お客様が少ないのですが、昨日も今日も嬉しいことがあって、気持ちは晴れ晴れとしています。

楽しみに待っていた小澤基晴さんの器が届きました。鉄赤とブロンズ釉を掛け分けたマグカップの、ふたつの色の境目の滲んだ線がとてもきれいです。6寸リム皿、しのぎ豆皿、しのぎ盛鉢なども入荷しました。
そして、小澤さんには、11月初旬の企画展・秋の道草マーケットに参加していただけることになりました。今朝のお電話で「たくさん作ります」と言って下さって、私も頑張ろう!と思ったのでした。

そして、遠方からご注文下さった方々から、心温まるメールやFAXが届き、お役に立ってよかったなぁと思いながら、梱包作業をしていました。
自分がほとんどネットで買い物をしたことがなかったものですから、ネット販売は味気ないものだと思っていました。でも、お問い合わせをいただいてから発送するまで、何通かメールのやりとりをしている間に、ちょっと気持ちの通い合うこともあったりして、今は遠くに住む方にお店のものをお届けすることも、楽しいことだと感じています。 宮崎県、高知県、和歌山県… 私がまだ行ったことのないところでも使われていると思うと嬉しいです。

小澤基晴 掛け分けマグカップ (高さ約7.3cm × 径約8.5cm)  ¥2,376-

Category: 陶磁器 | Tag:

春の展示会のお知らせ

盆栽の寄せ植えに使うことの多い梅花黄蓮(バイカオウレン)の花です。 すっと立ち上がった茎の先に一輪、わずか1cmほどの大きさです。 白い花びらのように見えるものは萼片で、黄色いおしべのように見えるものが花弁なのだそうです。 まだ寒くて花の少ない時期に咲いてくれる ありがたい花です。 そして花のあとの、種をつけた姿もまた可愛らしいのです。

春のふたつの展示会のお知らせです。

■ ミニ盆栽展 「小さな春」
2011年3月3日(木)~3月12日(土)11:00~16:00
  ※会期中は8(火)のみお休みします。

早春の木々の芽吹きの姿をご覧いただきたくて、少し早いこの時期に盆栽展を行います。
銀色の産毛に包まれたようなブナの芽吹き、イワウチワの可愛らしい葉の間から立ち上がる小さなつぼみ、そんな盆栽鉢の中の「小さな春」を見にお出掛け下さい。

■ 道草マーケット Vol.2
2011年4月23日(土)~30日(土) 11:00~17:00
  ※会期中は、26(火)のみお休みします。
  ※21・22日は展示の準備のため、お休みさせていただきます。

西山芳浩(ガラス)
ノラヤ (手彩色のカードなど)
mitome tsukasa (鋳金のアクセサリー)
motorinue&Lokhme (ミシンワークの布小物)

まっすぐに先を急ぐばかりでなく、好きなもの、美しいと感じるものをさがしながら、のんびりいこう。
そんな気持ちを込めた企画展です。
二度目となる今回は、西山芳浩さんの吹きガラスの器や花入れと、花や鳥などの春のモチーフの様々な素材の小物が並びます。

2つの展示会の頃には、庭のあちこちで、リレーのように花が咲いていることでしょう。どうぞお散歩がてらお出掛け下さい。

Category: お知らせ

サノ アイさんの木の小物入れ

サノ アイさんの作品を、続けてもうひとつご紹介します。
直径10cm×高さ9.5cmほどの小物入れです。本体はタモ、蓋はブラックウォールナットで作られています。ただ眺めているだけでも幸せな感じがするけれど、キャンディーなど入れておいたら、蓋をあけるたびに嬉しいだろうなぁ。
木材の芯の側と外側とで色が異なる部分を使い、のみの削り跡を残した蓋が、なんとも言えずきれいです。「たったひとつだけのもの」そう感じるような作品だと思います。

サノ アイ 小物入れ(大) ¥5,300- Sold out

Category: 木工 | Tag: